お金がない借金がある詐欺にあったなどの情報をシェアします

借金お金の悩み情報サイト

スポンサーリンク



お金が欲しい

ネット上の「無償でお金くれる人」はいるのか?近づいたら危険

投稿日:

無償でお金くれる人はいるのか?
お金を貸してくれる人ではなく「お金をくれる人」は存在するのか?

ネット上には「無償でお金を支援します」というサイトが存在します。
ほんとにただでお金くれる人がいるなら誰だってお願いしたいものですが、
そんなうまい話はなかなかありません。
消費者金融で借金する方がよほど安全ですので、
甘い話には気をつけてください。

ネット上の無償でお金くれる人

お金を無償で支援するというのはほぼウソ
最初にお伝えしておきますが、
国や法人などちゃんとした機関が運営する支援団体以外で、
無償でお金を支援してくれる人は存在しないと思ってよいでしょう。

確かにお金をくれるような支援するといったサイトは存在していますが、
なんの見返りもなくお金を支援してくれるなんてうまい話はないのです。

ただ、ふつうの精神状態なら「詐欺に決まっている」と無視できますが、
本当にお金に困っていると「詐欺かもしれない」と思いつつも、

 

藁にもす
がる思いでつい頼りたくなってしまうことがあります。

 

しかし、
それこそ詐欺師の思う壺で、お金をくれるふりをして、
実際は困っている人からさらにお金をむしり取ろうとしているだけなのです。
ですので、どんなにお金に困っていてもかかわらないでください。

メールアドレスを教えるだけでも危険です。

「お金を支援します」というサイトの手口

「お金を支援します」というサイトは確かに存在します。
そういうサイトの特徴は、お金を支援する人が掲示板にメールアドレスを掲載し、
支援を希望する人がそこに連絡するというパターンが多いです。

実際にそのアドレスにメールを送ると、

お金を振り込むのに必要だからと、
本名
住所
電話番号
銀行の口座番号など

個人情報を教えるように指示されるでしょう。
言われるままに教えると、
実は相手は個人情報を収集する悪徳業者で、

その後は音信不通になり、あなたは個人情報を悪用されるだけで
1円ももらえないことになってしまいます。

また、迷惑メールが届くようになるぐらいならまだしも、
なかには「押し貸し」という違法な手段を用いるヤミ金業者もいるので要注意です。

押し貸しの場合、口座番号を教えると実際にお金を振り込んでくれるのですが、

これは無償でくれたわけではありません。振り込んだ後から、

「お金を貸してやったんだから、利息を揃えて返せ!」と

無理な返済を迫られることになってしまいます。もちろん、

法定利息などお構いなしのとんでもない利息をふっかけられるので、
「1万円もらったつもりが数十万円も取られてしまった」
なんてことにもなってしまうのです。なお、

女性が書き込んだ場合は、詐欺師以外からも
支援を申し出る男性が現れるかもしれません。しかし、

そういう男性もただでお金をあげるつもりはほぼないでしょう。
うまいこと言いながら、なんだかんだで見返りに体の関係を求めてくるはずです。

実際に会わずにメールのやり取りだけだとしても、
お金を送る前にまずあなたの写真を送ってほしいと言ってきて、
徐々に「今度は動画を送ってほしい」
「次はちょっと服を脱いでみよう」などとエスカレートしていきます。
もし露出したような画像や動画を送ってしまうと、
それをネタに延々と脅されることになるでしょう。
いずれにせよ、お金を支援するという書き込みに反応すると、ろくなことにはならないのです。

本当に見返りなくお金を支援してくれる人はいない
お金をくれるというサイト以外にも、

突然「お金をもらってください」というメールが届くこともあります。

しかし、それも上で見たような詐欺師の手口であり、
軽い気持ちで「お金をくれるなら」と返信すると、
前述したような危険な目に遭うことになってしまうのです。
ネットを探せばお金を支援してくれるという人は見つかるかもしれませんが、

無償でお金くれる人はいません。

いたとしたらそれは詐欺師です。

「無償」で支援してくれる可能性はほぼゼロと考えてください。
最初は本当にただ支援したいだけと言ってくるかもしれませんが、
後から必ず何らかの見返りを求めてきます。

昔から言うように、

ただほど怖いものはないのです。

スポンサーリンク



-お金が欲しい
-

Copyright© 借金お金の悩み情報サイト , 2019 All Rights Reserved.