住民税を会社が天引きしないから税金の支払いのため30万円借りました

12月 6, 2018

住民税を天引きしない会社もあるそうです。

この記事では会社が住民税を天引きしなくて、急遽個人で税金の支払いをしなければならなくなった体験談をご紹介します。

【執筆者:会社員男性】

住民税を会社が天引きしないから税金の支払いのためプロミスで30万円借りました

住民税を会社が天引きしないから税金の支払い

私が繰り返し引っ越しをしたせいで会社が住民税を支払っていないことがわかり、

個人で支払うことを知らずに習い事やペットにお金をかけていました。
また、父親に加入させられた生命保険があり、父親が最初は支払っていたのですが、

数カ月すると父親の会社の経営がうまくいかなくなり、
生命保険代3万円を自腹で払ことになりました。
このタイミングで住民税の督促状がきました。

住民税の督促状を無視していると給与を差し押さえられてしまうこともあるとか。

当然、

払うことができずプロミスから借りることにしました。

なぜプロミスを利用しようと思ったのか?

キャッシングサービスを選んだ理由は、
その時一か月間無料キャンペーンというのをやっていたので選びました。

 

住民税を払うために借りた30万円の返済方法

仕事をしていたので、毎月2万円づつ返済し、
ボーナスの時にまとめて返済しました。しかし、
利子が17%ほどあったため、なかなか返すことができず、
返済に半年ほどかかったと思います。その間の生活費や光熱費はかなり節約しました。

今までは外食を週に2回ほどしていましたが、外食を一切にしなくしました。ス
ーパーなどでもスナック菓子を購入していましたが、それも買わないようにしました。

どうしても買いたくなったらうまい棒(10円)を細かく砕いて少しづつ食べてスナック菓子代わりにしました。
食事も毎日、納豆とインスタントラーメン、もやしという毎日で月の食費を1万円に抑えました。

障碍者手帳を持っていたので、シャワーはスポーツセンターで浴びていました。
手帳を使うと無料で使えるためです。もしくは、友達の家のシャワーを使うなどしていました。

それで光熱費は2千円ほど節約できました。節約したお金を借金返済にあてていました。
そして、ボーナスが出たときにまとめて返済することができました。

 

住民税が会社で引かれない人へアドバイス

すでに借金をしている方は、一刻も早く返済することをお勧めします。なぜなら、
携帯に電話がかかってくることや、毎日その借金を意識しないといけないので、
ストレスから解放されないのです。毎日楽しく生きていくために、
借金を返すことを最優先にしてほしいです。

また、私のケースであったように住民税は引っ越すと会社が給与から引かないことがあります。
そのため、会社の給与明細をよく確認し、毎月何に給与が引かれているか知り、

住民税が引かれていなければ、人事部と相談することが大事だと思います。
住民税などの税金は忘れたころに突然襲い掛かってくる借金のようなものなので、
当たり前のことかもしれませんが、常に貯金をして、不意な出費に備えることが大事だと学びました。

父親の会社の経営が傾くということも予想しておくことはできないので、
常にお金を貯めこむ癖をつけることが一番大事です。

今では、貯金をすることが楽しくなり、節約を楽しんでいます。

正社員でも会社が住民税を払わないことは普通なのか?

別徴収(給与天引き)は、義務ですから、法令順守をする会社としては
しないとならないですが、罰則が特にあるわけでもないので、
面倒だから しない という会社は結構ありますね。

住民税は会社が給料から徴収する特別徴収だろうと、各自で支払う普通徴収だろうと
金額は全く変わりません。

引用元 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10102898010

住民税を会社が天引きしない場合のツイッター上でのアドバイス

ツイッター上でのアドバイスをご紹介します。

住民税を会社が天引きしないといった場合に備えて貯金はしておいた方がいいですね。

スポンサーリンク