お金がない借金がある詐欺にあったなどの情報をシェアします

借金お金の悩み情報サイト

スポンサーリンク



赤字

毎月家計が赤字にならない為にはどうしたら良いか?

投稿日:

しっかり貯金をしていきたいのに、何故か毎月家計が赤字になってしまう。そういった状況にお悩みの方も多くいらっしゃることと思います。ここでは毎月赤字にならないよう、家計の上手なやり繰りの方法をお伝えしていきます。

毎月赤字になってしまう原因を洗い出そう

まず毎月赤字になってしまう場合は、その理由の洗い出しをしてみることが大切です。よほど収入が低くない限り、収支を黒字化することはそれほど難しいことではありません。収入よりも支出が上回ってしまっている際、何にいくら使っているかという支出状況が把握できていないため、ズルズルとマイナスの収支を続けているケースは非常に多いのです。基本的には家賃や光熱費、携帯料金などは把握できるでしょうから、それ以外の出費に関してキチンと洗い出しをしてみましょう。意外とコンビニで不必要な買い物をしていたり、趣味にお金を使い過ぎている状況に気づくはずです。もし、固定費を払った段階で5万円前後しかお金が残らない場合は、収入に対し生活レベルが高いという判断もできるので、引っ越しや格安スマホの利用などで固定費を下げることも考えてみてください。とにかく現状を数字に落とし込んだ上で、しっかりと見つめ直すこと。それが問題解決の糸口を掴む、重要な第一歩になります。

 

 

 

毎月家計が赤字にならない為の解決策

現状をしっかりと把握できたら、次は予算を振り分けてみましょう。固定費を引いた金額から、食費や趣味に使うお金、それからいくら貯金するかをしっかりと決めてみてください。こういった予算決めをすることで、今まで気分次第でお金を使っていたところを、ちゃんと予算の範囲内に収めようと考えるようになります。仮に多少予算オーバーすることはあっても、今までよりは間違いなく使わないようになるはずです。また、予算の振り分けをする段階で、払い過ぎていると感じる固定費の存在に気づくこともあるでしょう。特に保険や携帯料金の見直しは、頭に浮かんだらすぐ実行できるものです。ズルズルと高い金額を払い続けているのはもったいないので、必要だと感じたら先送りせず、すぐに見直しを行うことも大切です。

毎月赤字どうしても使いすぎてしまう場合は?

現状を把握し、予算の振り分けもできていて…その上でお金を使い過ぎてしまうことも、もしかしたらあるかもしれません。その際は、そもそも手元にお金がない状況を作ることで、多少無理やりですが使い過ぎを防ぐことができます。手持ちの現金を少なくすることもそうですし、今の時代必須となりつつあるクレジットカードも、ついつい使ってしまうようなら持ち歩かない方がいいでしょう。あとは無駄遣いしていないつもりでも、意外と不要なものを買っているケースもあります。例えばスーパーの特売や、ショップにて特価で売られている商品などがそうです。その時はお得な買い物だと思いがちですが、元々買う予定のなかったものは、家に帰ってみたら特に必要ないというケースがほとんどです。不要な衝動買いを防ぐためにも、買い物に行く際は買い物リストなどを作成し、本当に必要なものだけを買う工夫をしてみてください。

貯金用の口座を作るのも手

それでも貯金が難しいようなら、貯金しようと決めている金額を、給料が入った瞬間、別口座に移してしまうのも有効な手段です。例えば最低でも3万円は貯金したいと思っていた場合、毎月決まった日に3万円を他の口座へ移してしまうのです。そうすれば嫌でもお金を貯めることができますし、残ったお金でやり繰りしようという意識も生まれてきます。もし一つの口座で管理しているのなら、貯金用に別口座を開設して、そこにお金を貯めていく習慣をつけていくのもおすすめです。

スポンサーリンク



-赤字
-

Copyright© 借金お金の悩み情報サイト , 2019 All Rights Reserved.