お金がない借金がある詐欺にあったなどの情報をシェアします

借金お金の悩み情報サイト

スポンサーリンク



赤字

毎月赤字一人暮らしでギリギリの生活…!黒字へ転換する方法は?

投稿日:

毎月赤字一人暮らし、、。
一人暮らしをしている中で、毎月赤字ギリギリの生活をしている方も少なくありません。学生の一人暮らしはもちろん、社会人であっても家計が火の車という状況は十分に考えられます。そういった状況を抜け出し、毎月黒字にしていくための対策をご紹介していきます。

毎月赤字!ギリギリの一人暮らし生活から抜け出すには?

ギリギリの生活から抜け出すためには、単純に考えて収入より支出が下回ればいいわけです。最低賃金も引き上げられていますので、一人暮らしなら基本的に黒字化することは難しくないでしょう。現在ギリギリの生活を送っている場合、収入よりも普段の支出に目を向けた方が、建設的な解決の糸口が見つかりやすいです。まずは自分が普段何にいくら使っているのか、目に見える数字で一度洗い出してみてください。今わからなければ、これから1ヶ月の支出を家計簿などにつけてみましょう。そうしてみると、想像よりコンビニで衝動買いをしていたり、必要のないものにお金を使っていることに気づくはずです。もしくは家賃や携帯料金、月額会員制サービスなど、必要以上に使っている固定費の存在に気づく可能性もあります。その数字が見えてくれば、固定費の削減や変動費の予算決めもでき、貯金額も確保することができるようになります。あとはそのプラン通りにお金を使えれば、ギリギリの生活から抜け出せるようになるでしょう。

毎月赤字という一人暮らしの人は多い。

一人暮らしなら毎月2万円の赤字は解消できる

中にはギリギリどころか、毎月赤字だという方もいらっしゃることと思います。しかし、一人で暮らしている範囲内では、余程浪費家でない限り高額な赤字は続きにくいです。収支としては数千円~2万円程度のマイナスが積み重なり、それがジワジワと首を絞めているケースが大半でしょう。つまり毎月2万円ほど浮かせることができれば、黒字転換できる可能性が高いわけです。そして一人暮らしという状況は、固定費が意外に多くかかっています。家賃を1万円下げる、保険料を見直す、携帯を格安スマホに変えるなど、固定費だけでも2万円下げることは十分可能です。もし固定費をこれ以上下げられない状況なら、逆に変動費の支出が多くなっているはずですので、そちらを見直せば2万円程度なら確実に下げられるでしょう。しっかり予算を決めてその範囲で支出を抑えれば、一人暮らしの範囲なら簡単に赤字は解消できると考えてみてください。

毎月赤字を黒字に変える具体的な方法

ここからは収支を黒字に変えるための、具体的な方法を解説していきます。まずは一番高い固定費である、家賃から見ていきましょう。家賃は手取収入の30%が目安ですので、そこを上回っているようなら、もう少し安い場所への引っ越しをおすすめします。家賃を1万円下げるだけで、年間12万円も浮くことになりますので、非常に大きな節約ができます。それから定番ですが、携帯を格安スマホに変えることに変えるのも一つの手です。日本の携帯会社は、携帯料金が高すぎることで有名ですので、あまり好んで使わない方がいいと言われています。現在8,000~9,000円ほどかかっているのなら、格安スマホに変えることで5,000円前後安くすることが可能ですので、検討する価値は大きいです。あとは変動費の予算決めも大切なことですが、予算を毎回オーバーしてしまうようなら、お金を使えないようにすることも大切です。例えばクレジットカードを使わないようにしたり、貯金する予定のお金を別口座に移してしまうなど、手元の使えるお金を減らすことです。必要以上にお金を使えない状況を作ることで、節約をするための工夫が自然と生まれてきます。自分の浪費癖を理解しつつ、敢えて使えない状況に追い込んでみるのも一つの手です。

スポンサーリンク



-赤字
-

Copyright© 借金お金の悩み情報サイト , 2019 All Rights Reserved.