お金がない借金がある詐欺にあったなどの情報をシェアします

借金お金の悩み情報サイト

スポンサーリンク



借金返済

旦那の借金でストレスの限界。離婚したほうが良いか?

投稿日:

旦那の借金でストレスの限界。

「結婚したらパートナーが多額の借金を抱えていることがわかった」

「旦那が自分に内緒でギャンブルのためにお金を借りていた」

なんてことは実際に起こりうることです。

借金癖のある旦那はなかなか言っても治らないもので、
妻としては本当にストレスになります。

もし旦那がどうしてもギャンブルや風俗がやめられなくて、
そのために家庭を顧みずにあちこちからお金を借りるようなら、
もうそれは依存症という病気です。

本人の意思でどうにかできることではないので、
夫婦だけで何とかするのはほぼ不可能と思ってよいでしょう。

病気なので適切な治療が必要ですが、依存症は完治する病気ではないので、
今後一緒に生活する限り、何十年も苦しむことになるかもしれません。

実際、そんな旦那のために、
妻がストレスからうつ病を発症するということはあり得ることです。

旦那の借金でストレスを抱えてる人達

旦那の借金でストレスの限界。離婚したほうがいいか?

限界まで頑張っても治らないのなら、
思い切って離婚するのも一つの手ではないでしょうか。

家庭生活が成り立たないほどなら、
たとえ子どもがいても離婚は可能です。

うつ病になるぐらいなら離婚する方がお互いのため
うつ病になると働くこともままならなくなります。

自分が働くこともできなくなれば、
夫の代わりにお金を返すことも不可能です。

そうなると、今度は一人でうつ病と借金の二重苦を背負うことになってしまいます。

いくらうつ病の治療を受けても、
その原因となる問題が解決しなければ病気は一向に良くなりませんし、

治療したとも思ってもすぐに再発するでしょう。
そうなると社会復帰も難しくなり、
まともに子どもを育てることができなくなります。

自分と子どもを犠牲にしてでも
「一生かけてでも旦那を更生させる!」という強い決意があるのならともかく、

そうでないのなら離婚したほうがお互いのためではないでしょうか。

旦那の借金でストレス配偶者の一方的な借金が理由なら離婚は可能

子どもがいると簡単に離婚を決意できないものです。
お金にだらしない夫であっても、
「父親と離れ離れは子どもにとってよくないのでは?」と離婚をためらう気持ちもあって
当然だと思います。しかし、問題のある父親の場合、

離婚しないことでかえって子どもに悪影響を与えることの方が多いのです。
父親のせいで母親までうつ病になっては、
子どもをまともに育てることはできません。

夫婦の合意があればどんな理由でも離婚できますし、
夫婦で合意できない場合は裁判離婚という方法もあります。

住宅ローンなど家庭生活のための借金ならともかく、
旦那のギャンブルや風俗通いが原因なら、
夫婦関係を継続し難い正当な理由として
裁判所も認めてくれるはずです。

旦那に慰謝料や養育費を確実に支払ってもらうには?

元夫のせいで生活が破綻し、そのために妻がうつ病になるほど苦しむケースでは、
当然ながらその責任は元夫にありますので、慰謝料や養育費の請求はできます。
ただし、お金が原因で離婚したわけですが、

離婚したからといって簡単に更生できるとは考えない方がよいでしょう。
実際、たとえ裁判で慰謝料や養育費の取り決めをしても、
ちゃんと払ってくれない人が大半です。

しかし、養育費なしで女手一つで子どもを育てていくのは簡単なことではないので、
なんとしてでも払ってもらうべきだと思います。

元夫の親族が肩代わりしてくれるなら、
そちらから払ってもらう方法もありですが、

なかには自分の息子に味方して支払いを拒否する親もいるかもしれません。

そういう場合は、毎月確実にお金を払ってもらう最終手段として、

裁判所に頼んで強制執行してもらうのもありだと思います。
元夫が仕事をしているのなら、
その給料の半分までなら差し押さえることが可能です。
養育費の支払いは破産手続きをしたとしても免除されることはないので、

妻が泣き寝入る必要はありません。ちゃんと責任を果たしてもらいましょう。

スポンサーリンク



-借金返済
-

Copyright© 借金お金の悩み情報サイト , 2019 All Rights Reserved.