支払いが多すぎて生活できない!具体的な8つの解決策を教えます

12月 6, 2018

支払いが多すぎて生活できない毎月の給料に追いつかない方が世間にはたくさんおられます。
毎月ギリギリの生活、
支払だけでお給料が全部なくなる。
貯金なんてできる訳がない、、。お金を借りてしまえば楽に支払いを済ますことができますが、
気軽に借りたお金は後々自分を苦しめる一つの原因になることも…
生活が苦しい時は我慢をしながら生活をするしか方法がないわけではありません。
今の苦しい生活から抜け出すために解決策をご紹介します。

支払いが多すぎて生活できない

支払いが多すぎて生活できないと言う人はあなただけじゃありません。
同じように嘆く人がたくさんいます。

貯金もなく当てにできるお金がない切実な状況

苦しい生活から抜け出す方法と解決策

節約できるところを見つけ節約生活を送るようにしましょう。
今、支払いが多すぎて生活できない方は「支払い」の多さではなく「生活費」の出費を見直しましょう。
見直してみると今よりも節約できる箇所がたくさん出てきます。

1 食費を減らす、買い方を工夫する

スーパーにはその日のお惣菜や賞味期限が明日の菓子パンなどを値引きして販売します。
その値引きセールの時間を狙ってスーパーに行くようにしましょう。
値引きの時間を狙って買い物をするだけで月の食費は1万円以上節約することができます。
また、食費をもっと減らしたいのであれば惣菜を購入するよりも自炊を心がけるようにしましょう。

2 電気代、水道代を減らす

電気代や水道代を無駄に出費していませんか?
昼間はカーテンを開け日の光で部屋の中を明るくしたり、こまめに電気を消したり、電気代には待機電力というものがあります。
待機電力は使っていない電化製品でもコンセントに指しておくと電気代が発生します、これを待機電力と言います。この待機電力を無くすだけで年間5000円以上の節約に繋がります。

3 曖昧な生計の立て方をやめる

自分のお給料の範囲内で生活を送る事ができない人の典型的な部分は「なんとかやっていけるだろう!」と計画を立てずにお金を使う傾向があります。
自分の支出をしっかりと把握できていないため、お金が無くなり厳しい生活を送ることになります。無計画にお金を使うことをやめるようにしましょう。

4 収入に見合ったお金の使い方に変える

自分の収入よりも出費が多くなれば当然生活は苦しくなり、支払いに困ることになります。
家賃の高い部屋を借りる、無駄な洋服を買う、趣味にお金を費やすなど自分の収入に見合ったお金の使い方をできていない人が生活困難に陥りやすいのです。
自分の生活を見直し、自分の収入をしっかりと受け止め自分の収入に合った生活を送る事が望ましいです。

5 クレジットカードに頼りすぎるのをやめる

お金がない時にすぐクレジットカードで支払いを済ませていませんか?カード払いで何かを購入するたびに毎月支払いに追われることになります。
お金がないのにクレジットカードを使用してしまうと負のループに陥ります。
お金がないからクレジットカードで支払う→カードの支払いでお金が無くなる→…
このループから抜け出さない事には支払いに追われ苦しい生活から抜け出すことはできません。できる限りカードで支払うことを少なくして、カード払いを使用することをやめていくようにしましょう。

今すぐにお金が必要な時はどうすれば良い?
本当にお金がない時にすぐお金を作る時にはどうすればよいのか?私自身が桶名がなかった時に実践した方法をご紹介します。

6 不必要になったものを売却する

支払いが多すぎて生活できないときに家にある本やCD、いらない服やブランドバックや財布、ゲーム機などいらない物を集め売却しました。最近では「ヤフオク」や「メルカリ」などのフリマアプリも発展し何でも出品でき服や本に関してはフリマアプリの方が高値で売れます。

壊れているゲーム機や携帯電話でも高価な値段で買い取ってくれる業者もあります。

自分の家に眠っている要らなくなったものを売ってお金を作りましょう。

多少の額にしかならないこともありますが「塵も積もれば山となる」
多少の額を積み重ねる事によって大きな額になっていることもありますよ。

7 親や兄弟にお金を借りる

自分でお金を工面できなくなればお金を借りるしか方法は残されていません。
ですがお金を借りる時には絶対に親や兄弟に借りる方が良いです。
借金を作ってしまう事は良くない事ですが、どうしようもない時には仕方ありません、お金の切れ目は縁の切れ目と言われる程、日本ではお金に関して厳しい面もあるため友人や会社の同僚などより、自分と近い関係の人にお金を借りる方が良いでしょう。
また、借りたお金は必ず返すようにしましょう。お金を返さないと一生取り返しのつかないことになります、大切な人を失わないためにもお金の返済はしっかりと行うようにしましょう。
自分一人で悩みを抱え込まずに、親族に思い切って相談してみるのも良いですね。

8 支払日を翌月に回す

支払いが多すぎて生活できない!という緊急事態、今月だけ特に厳しい…という状態であれば、毎月の支払いを翌月に回すことも可能です。業者にもよりますが支払い月を翌月に回してくれる業者も少なくはありません。
来月に払える見通しが立っている方であれば、この方法で今月の支払いを見送る事ができます。
支払いを後回しにしてしまうのは良い事ではありませんが、業者との交渉次第で今月を乗り切る事ができるでしょう。

 

支払いが多すぎて生活できない」という危機的な状況をこの記事で少しでも回避できればうれしいです。

スポンサーリンク